contents are:
  • ホーム
  • トピックス
  • 制作番組
  • 受賞番組
  • スタッフ
  • 会社概要
  • パートナーシップ
  • お問い合わせ

Broadcasting shortly

Date:

2014.08.08(金)21:00〜21:59

Station:

NHK-BSプレミアム

Title:
新日本風土記 (再)

NHK-BSプレミアム     2014年8月8日     21時00分〜21時59分


新日本風土記 奥の細道 (再)


声 : 松たか子   朗読 : 大地康雄   語り : 高橋美鈴・瀧川剛史(NHKアナウンサー)


松尾芭蕉が記した紀行文集の集大成「奥の細道」は、今も東北を語る上で欠かせない旅のバイブルのひとつ。
1689年。弟子の河合曾良を伴い、老体に鞭をうって約150日間に渡り東北・北陸を旅した芭蕉。美しい自然や文化・風土に出会い、辿り着いた境地は「不易流行」。変わっていくものと変わらないものは不即不離の関係にある、という考えだ。東日本大震災で、甚大な被害を受けた東北にも、変わったもの、そして320年の時を越え今もなお変わらないものが共存している。江戸時代の「田植え唄」を歌い継ぐ須賀川の農婦たち。津波で多くの人と街を失った石巻の地で出される「鎮魂の御輿」。芭蕉が愛でた紅の花が夏を彩る「尾花沢」。芭蕉の句に心揺さぶられた男性が、奥の細道を追体験する「馬旅」。嵐の中、亡くなった人を思い、死と再生の祈りを捧げる人が集まる霊山「月山」。老いと死を覚悟しつつも過酷な旅に挑み、傑作を誕生させた芭蕉。「奥の細道」を道しるべに、今再び、東北の魅力を再発見する。


P : 杉山 龍哉      D : 安原 歩


fudoki_1.jpeg