contents are:
  • ホーム
  • トピックス
  • 制作番組
  • 受賞番組
  • スタッフ
  • 会社概要
  • パートナーシップ
  • お問い合わせ

Broadcasting shortly

Date:

2015.09.18(金)21:00〜21:54

Station:

BS-TBS

Title:
地球絶景紀行

BS-TBS      2015年9月18日(金)     21時00分〜21時54分


地球絶景紀行   青きアラスカ大氷河群 アラスカ / アメリカ   ナレーション : 森高 千里


今回の絶景の舞台は、アメリカ最北の地・アラスカ。目指すは、海に注ぐ美しい氷河が見られるという、プリンス・ウィリアム湾です。アンカレジから車で一路南へ。湾に面した小さな町・ウィッティアに到着。この湾を20年以上航海しているというマーク船長の小型船に乗り込み、氷河クルーズが始まります。出航してからしばらく経つと、早速、クジラの親子、イシイルカの群れ、可愛らしいラッコたちが出迎えてくれました。そして、湾内の岸でカヤックに乗り換え、氷河が海に注ぐ場所まで向かうことに。氷河から流れ落ちた氷に触れられる距離まで近づきます。その中には1万年以上も前に凍った氷もあるんだとか。耳を澄ますと、氷の中に閉じ込められた遥か昔の空気が、氷が解けることによって、パチパチと弾ける音が聞こえます。まるで、失われた時間の中を旅しているような、不思議な体験になりました。さらに、氷の崩落が一番頻繁に起きるという、サプライズ氷河へ。目の前にそびえ立つ、青い氷の絶壁。内陸で降り積もった雪が圧縮され、数千年の時をかけて、海に流れ着いた氷河なのだそうです。船のエンジンを止め、暫くそこで待っていると、大きな氷の塊が壁から剥がれ落ちるように、海へと大崩落。割れるような轟音が、静寂の海に響き渡りました。その後も、氷の塊が次々と海へと落ちてゆきます。太古の記憶を閉じ込めた青き氷が、儚くも美しく崩れゆくその瞬間を目の当たりにした、特別な旅になりました。


P : 上野 光雪       D : 井上 綾花        AD : 富浦 花野


arasukazekkei0917.png